2011/05/04

symfonyでエラーとなったときのapacheログの表示

ローカルで開発環境を作っているとき、symfonyの開発環境で
デバックモードをfalseにしたままで、エラーが出るとデバックモードを
trueに設定しなおして(または、_devで)、再実行しています。

これって面倒なので、apacheのログを見て判る範囲であれば、
エラーが確認出来ます。

(1)rootでapacheのエラーログを確認する。
・apacheのログの指定は、以下の設定ファイルに記述されています。
/etc/httpd/conf/httpd.confにVirtualHostの設定をしています。
>    ErrorLog logs/mysyte.com-error_log
>    CustomLog logs/mysyte.com-access_log common

・「ErrorLog」がエラーログの記述です。
「logs/mysyte.com-error_log」は「/var/log/httpd/mysyte.com-error_log」
のことです。

・ログの最後をrootユーザで確認する。
# tail /var/log/httpd/mysyte.com-error_log


・一般ユーザでは、権限がないので(おそらく)見れません。
どうしても見たければ、rootユーザにて以下のコマンドで権限を変更して下さい。
# chmod +rx /var/log/httpd/

(2)telnetでログインしているときはsymfonyのコマンドを入力するために一般ユーザになっています。このため、上記の権限設定がなければ、毎回rootユーザに切り替えるのも手間がかかります。
決まった作業なので、sudoを使えば一般ユーザでもログを確認出来ます。
ちなみに、sudoについて徹底攻略では、p.303に記述があります。
sudoの設定はこちら)

0 件のコメント:

コメントを投稿