2011/06/24

eclipseでxampp環境のapacheのログを確認する

pleiades環境を使ってphpの開発環境を使っている場合、インストールのフォルダ構成にもよりますが、apacheのログは以下のパスで確認出来ます。
P:\pleiades\xampp\apache\logs\error.log

エクスプローラでapacheログのフォルダを開いておけば、テキストエディタで、access.logやerror.logを確認出来ます。

さらに、eclipseからも確認出来ます。
ウインドウメニューから設定
設定画面で、Ntail/定義ビュー
新規ボタンで、以下の設定
Log view name : ここは判り易いID
Log file name : P:\pleiades\xampp\apache\logs\access.log
これで設定されます。
参照は、eclipseの左下のアイコン(ビューを高速ビューとして表示する)で、その他を選択
ビューの表示で、ロギング/NTailを選択
linuxのtailコマンドと同様にファイルの最後が表示されます。

まあ、エクスプローラでテキストエディタを起動できるので、わざわざeclipseから見たいということはあまりありませんが、eclipseからも参照出来るということです。
eclipseで表示したときのメリットとしては、エディタでも出来ますが、フィルタの設定でしょうか。

linux環境だとeclipseのNtailは使えませんが以下の方法があります。
root権限でコマンド実行(sudoの設定)

むりやりやるならsambaの導入でしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿