2011/08/10

Mysqlのテーブル内容確認方法、その2(open office)

Mysqlのテーブル内容確認をopen officeで出来たのでその方法です。

eclipseからMySQLへの接続を出来たのですが、画面が狭いので他の方法を探していたところ、open officeで出来ることが判りました。

作業項目
  1. open officeでmysql接続の拡張機能を追加する。
  2. open officeで新しい仮のDBを作成、このDBからmysqlが参照出来ます。

作業手順
(1)open officeでmysql接続の拡張機能を追加する。
(a)MySQL Connectorダウンロード

(b)機能拡張マネージャをツールメニュー/機能拡張マネージャで呼びだし、追加。先ほどダウンロードした「MySQL Connector」を選択。

(c)「MySQL Connector」が追加されました。
ここで一度Open Officeを再起動しないとドライバは認識されないみたいです。

(2)open officeで新しい仮のDBを作成、このDBからmysqlが参照出来ます。
(a)起動画面にて、ファイルメニューから新規作成、データベース


(b)DB選択画面にて、既存のデータベースに接続


(c)接続セットアップにて、直接接続
(JDBCコネクタを使えばJDBCコネクタでも接続できます)


(d)MySQLサーバデータセットアップにて、データベース名とサーバ名を入力。
サーバ名はxampp環境ならlocalhostです。
(e)ユーザ認証セットアップにて、ユーザ名入力、テスト接続


(f)テスト接続にて、パスワード入力


(g)接続確認画面が表示されたら、OKで戻る。


(h)再びユーザ認証セットアップ、次へ

(i)保存続行で、完了
ここで、「いいえ、データベースへ登録しません」を選択してもofficeのDBは作成されます。

(j)DBの保存画面
次回このDBを起動すると、mysqlに接続されます。


(k)MySQLのデータベースが表示されます。



ちなみに、excelでもアクセス出来るのだろうか?

<参考>
058-MySQL 5.1 OpenOffice 3.2 Base 直接接続

0 件のコメント:

コメントを投稿